MENSA【入会テスト申込方法】倍率高すぎ!合格対策以前に難しい!(メンサ受験の申し込み)

こんにちは!メンサ(MENSA)合格者のたまごです( @JapanesePocket )。

当ブログでは「メンサ」(MENSA)に関する記事を複数紹介しています。

  • このページで分かること
  • メンサの入会テストの申込方法は?
  • 入会テストに申し込む際の注意点は?
  • 入会テストの申込手続きをした感想は?
  • この記事を書いた人

以下の記事では、メンサ(MENSA)に関する情報を体系的にまとめております。

お時間がございましたら、ぜひ併せてお読みください。

Contents

はじめに

皆さんが、メンサ(MENSA)を受験される理由は何ですか?

私は「東大王」や「Qさま!!」といった、クイズのバラエティー番組をよく見ます。

「あーかな?こーかな?」と、頭をこねくり回す感覚が好きだったことから、受験を決意!

また、「合格したら、ちょっと凄いかも!」という自分への淡い期待もありました。

わくわくしながらの受験。

ドキドキしながらの結果待ち。

そして・・・

たまご
2018年2月に合格しました!

メンサ(MENSA)の合格を目指されている方々のお役に立てばと思い、ノウハウを紹介しています。

是非、すべてのページにお目通しいただけますと嬉しいです!

すべてはここに凝縮!

メンサ記事一覧

メンサ入会テスト:実は「申し込み」が最難関!

多くの方は、テストの対策法が1番気になるところだと思いますが・・・

ちょっと待った!!!

たまご
実は、テストそのものよりも「申込み」の方が、遥かに難しいんです。

なので、「メンサ(MENSA)を受けようかな」と思う気持ちが少しでもあるなら・・・

第1に「申込み」、第2に「勉強」の順番で着手してください。

え、なぜかって?

以下の3つの理由から、私はこの順番がとても大切だと思っています。

申込みを制する者は、メンサを制す!

  1. そもそも、一度に受験できる人数が少ない。
  2. 全国各地で定期開催されているが(=JAPAN MENSA事務局としては、多くの受験日を設定している認識なのかもしれないが)、日程のサイクルスパンが長いため、一度逃すと自分が受けたいエリアで「次」の受験日程がなかなか巡ってこない。(さらに、上記1の要素が加わるため、益々、予約が至難の業!)
  3. (仮に、申込みに失敗したら)「申込みができなかった」というガッカリ感から復活し、再度、上記1・2に立ち向かうまでモチベーションを維持することが大変。(なので、一発で申込みを成功させましょう!)
他の受験者さんも、同意見のようです!ご参考まで。

私はちょうど運良く予約できましたが、いつも「満員」と出ていますので競争倍率は高そうです。予約が最初の鬼門ではないでしょうか。( 日八日夜八夜様のブログより )

正直、この試験申し込みが一番難しい。何故ならば今は大人気かつ一回の試験の枠がそれほど多くないため、すぐに定員いっぱい締め切り状態になってしまうんです。。(224’s room様のブログより)

満員、満員。それは人気の受験なのだろうか、枠が少ないのだろうか。いずれにせよ、いつ何時サイトを訪れても、満員。んー、これは困った。受験したいのに、受験申し込みができない。毎日サイトを見に行っても変わらない、チャンスすらない。毎日サイトを見に行く気力が失われていく。。。(Binary Diary様のブログ)

いつ見ても申し込むことができません。入会したい方の競争率が高く、テスト受付を開始してからすぐに応募が殺到し、すぐに満員になってしまうのです。(この競争の突破が難しいため、俗に”MENSA第1次試験”と呼ばれています)(コトブキ日記様のブログより)

メンサ入会テスト :受験の申込方法は?

それでは、いよいよ申込方法を見ていきましょう!

・ルール上、受験は生涯で3回まで
・受験料は1万円

JAPAN MENSA公式ホームページにアクセスしてください。

②に掲載されている日程の中から、希望の受験地を選び、メールで申し込みます。

  1. 入会方法
  2. 入会テスト日程一覧

現在は社会情勢上、全日程が「未定」となっておりますが、このページをこまめに確認して、解禁日にすぐに申し込めるようにしましょう

ちなみに私は、このページを常にスマホに出しており、「朝・昼・晩」は勿論のこと、スマホに触れるたびに絶対確認していました!

たまご
毎日欠かさずページの更新状況を確認し、ようやく解禁日にアクセスできたときの達成感はひとしおでした!
本来はこちらに日程が表示されます

メンサ入会テスト :申し込みの注意点とは?

しかし、試練ははまだ続きます・・・

顔写真のデータ(1MB以下)の提出を求められます!

涙ぐましい努力の末に、ようやく申し込めたと思いきや・・・

顔写真!?げげげー!
突然言われても、持ってないよ!

と、私が慌てている間に、サクサク申込みを進める、他の用意周到な受験者。

ようやく写真を見つけてエントリーしたときには、既に定員オーバー。。。

はい、満席!残念!また次回!(って、いつ?)

たまご
ということが、あったんですよ・・・泣。

このとき、「次回日程」が明らかになっていれば、モチベーションを保てると思うのですが、明らかになっているのは別都市開催日であり、同一都市での開催が次に巡ってくるのは数ヶ月先となる可能性が極めて高いのです。

たまご
近隣の他県へ遠征して受験される人もいるくらいです・・・
(例:東京に住んでいる人が、群馬へテストを受けに行く等)

ただでさえ、「写真ごときの凡ミス」でエントリーを漏らしたという強烈なションボリに浸っている中で、「次の開催日がいつか分からない」という見通しの立たなさと、「今日から再び、入会テスト日程一覧をチェックする日々が始まるのか・・・」という悲壮感に苛まれます。

入会テスト日程一覧をマメに確認していた人ほど、この絶望感は大きいはず。

ここまでの努力が水の泡になるのですから・・・。

たかだか写真で・・・。涙

まとめ!

・1MB以下の顔写真データを要準備
・写真の設定変更は後日可能
・とりあえず、登録することが大事

メンサ合格対策:過去問・対策本ってあるの?

今回は、メンサ(MENSA)入会の第一関門である「テストの申込方法」についてお伝えしました。

勉強を始めるのはあとからでOKですので、まずは申し込みを頑張りましょう!

たまご
申込みを制するものがメンサを制す!という言葉を聞いたことがあります(笑)

具体的な勉強を始めたい方は、以下の記事をご参照ください。

3ヶ月~半年近く受験まで時間があるなら、以下の本もおすすめです。

「発想のパターン」を学ぶことは、メンサ(MENSA)対策上非常に有効で、それができる書籍だと思います。

「あ~、なるほど~」というアハ体験を積み重ねて、発想のレパートリーを増やしましょう!

但し、ガチガチのメンサ対策をやりたい方は、上記リンクの紹介書籍を手に取ってくださいね。

たまご
どの本も1,000円前後ですので、悩んでいる時間がもったいないです。早速購入し、まずは問題に触れてみることをオススメします!電車の待ち時間や、移動中などのスキマ時間を有効活用して取り組みましょう。

発想のパターンが学べる&丁寧な解説!

なにが出るかな?

素敵な広告が出ますように
毎回変わるのでお楽しみに!

メンサ(MENSA)記事一覧

トップページに戻る

よ・・・よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents
閉じる