四ヶ伝 part.7|【盆点・Bondate】裏千家・風炉のお点前ポイント

こんにちは!仕事と両立・茶道ブロガーのたまごです( @JapanesePocket )。

当ブログにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

教本がなく、不安になりがちな「四ヶ伝」の科目について、自分なりのまとめを作っております。

  • この記事を書いた人

当ブログは「茶道×ブログ×成長」をテーマに発信しています!

Contents

動画解説記事

\ 中置の検索数が上昇中 /

裏千家 盆点(風炉):はじめに準備しておくもの

盆点の流れは、唐物と似ています

・・・ということを、はじめに押さえておくことが一番重要です。

唐物と同じように「3段階」に分けて整理します。

構成盆点唐物
初めから室内曲水指・唐物茶入 on お盆曲水指・唐物茶入
前半戦楽茶碗 with 象牙の茶杓楽茶碗 with 元節の茶杓
後半戦唐金建水 with 柄杓唐金建水 with 柄杓

※ 唐物を清めて、膝退→退室するところまでが、前半戦。
※ 建水を持って入るところからが、後半戦。

唐物との比較でいえば、「お盆の有無」と「茶杓の種類」が相違点!

たまご
全体的なお点前の流れは唐物に似ていますが、象牙の茶杓を使うところが「台天目」っぽいですね。ここが混乱のもとだと思うので、しっかり覚えましょう!

唐物(風炉)を復習する

台天目(風炉)を復習する

裏千家 盆点(風炉):間違えやすいお点前のポイント

盆点のお点前に入る前に、「間違えやすいポイント」を前もって頭の中に入れておくと、本番での間違いが圧倒的に減ります!

これは盆点に限った話ではなく、すべてのお点前に通じるコツです。

たまご
いろいろなお点前を習うようになると、記憶がごちゃ混ぜになるものです。間違えやすい箇所を、明確にしましょう!

「私の場合は」という前提になりますが「間違えやすいポイント」を以下のように整理しました。

間違えるな!

  • 使う茶杓は、象牙。
  • 茶碗を運んだら、一旦、襖を閉める。
  • 茶碗を勝手付きに仮置きしたら、何も持たずに外隅を向く。(そのあと茶入に触れる)
  • お盆を清めるときは、浮かせる。
  • 仕覆を脱がせた茶入は、そのままお盆の上へ。
  • お盆は真、唐物は行で清める。
  • 茶入の蓋は、返さない。
  • 茶杓の櫂先に仕覆をかけない。

裏千家 盆点(風炉):お点前の流れ

お時間のある方は、【唐物のページ】も同時に開き、見比べながら読み進めると理解が深まると思います。

STEP
曲水指・唐物 on お盆のセッティング

水指とお盆の距離は1cmくらい。

水指スレスレに置く。

STEP
お菓子を運ぶ

四ヶ伝なので3種。(問答では「数々のお菓子を・・・」と言う)

STEP
【前半戦①】茶碗を持って入る

・襖の開け閉めは、手をつく。

・襖は「下方」を触って開ける。

・茶碗を運んだら、一旦、襖を閉める。(まずはお盆と茶入を清める)

・茶碗を勝手付きへ。 (左から5目

何も持たずに、外隅に向かって 移動。

STEP
【前半戦②】 茶入の仕覆を途中まで脱がせる

体を斜めにしながら、 両手で茶入を 自分の正面に持ってくる。

・唐物のときと同じ手順で、途中(※)まで仕覆を解く。

 (※)紐を、下→上と緩めるところまで。

火窓前に、手なりに、途中まで脱がせた茶入を仮置き。

唐物(風炉)を復習する

STEP
【前半戦③】 お盆を清める

・帛紗を真にさばき、お盆を清める。三→縦→横。帛紗を腰に戻す

・お盆を持つときは、右→左の順。

・お盆を清めるときは、斜めに浮かせる

上から3枚目を取って、帛紗腰。

\ 帛紗のシワが強めですが /

STEP
【前半戦④】 茶入の清め、再開

・途中まで脱がせていた茶入を両手で取り(畳に置かない!手の上で!)仕覆を脱がせて、お盆の上に両手で乗せる。

・仕覆はに打ち返し、水指の左へに置く。

・左手を上にして、揉み手を3回

・両手で茶入を膝前に持ってくる。

・帛紗を行に捌きで唐物を清める。下上の二引き、時計回りの胴拭き。

・唐物のお尻に帛紗の座布団を敷きながら、唐物の肩に親指をかけ、お盆の上に置く。

・帛紗を唐物から引く(話す)ときは、左ではなく下に引く

下から3枚目を取って、帛紗腰。

\ 「行」って、難しいですよね /

STEP
【前半戦の終わり】膝退

・左右で茶碗を取り、お茶を点てる位置に置く。膝退。

STEP
【後半戦①】建水を持って入る

・建水を持って入り、膝行。

・ここからは、普段通りに進める。(中略)

注意点

  1. 茶杓は、お盆の上(茶入の左)に置く。
  2. 茶筅は、建水の肩に置く。
茶筅通しをして、茶巾で茶碗を拭くところまで進めて下さい。
STEP
【後半戦②】お茶を点てる

・3回揉み手をして、両手で茶入を取る。

・茶碗の近くで蓋を開け、蓋をお盆の上に乗せて(裏返さない)、その手で象牙の茶杓を取る。

・回し出しはせずに、必要な分だけ、掬い出し

・象牙の茶杓は、茶碗の内側でコン!

お茶のついた茶杓を、拭く。清め拭きは畳み直さずに、そのまま再度拭く。

・茶杓を元の位置(お盆の上)に戻し、帛紗をポンポン!で、腰につける。

・水指の蓋を開け、水一杓、お茶を点てる。

STEP
お茶を出す

・正客のひとすすりで、「お服加減は?」。

・問答。

・末客の吸い切りで、水一杓、腰帛紗。

STEP
片づけのフェーズ

・普段通りに進める。(中略)

注意点

  • 茶杓はすでに清めてあるので、うっかり清めようとしないこと!
  • 茶巾→茶筅→茶杓(置くだけでOK)→右左で勝手付き→その手で建水を下げる
STEP
拝見に出す

・「お茶入れ、お盆、お茶杓、お仕覆の拝見を」と、声がかかる。

・3回揉み手をして、茶入を持って客付に回る。

・帛紗を行にさばき、茶入を清める。回し出しをしていないので、胴拭きのみ

・茶入のお尻に帛紗の座布団を敷き、反時計に回して、鐶付に出す。

帛紗を握ったまま、正面に戻り、そこで再度、帛紗を行に捌く

・お盆を川の字+横に清める。客付に回って、右上・左下と回して(時計回り)出す。

・正面に戻って、帛紗腰。

・茶杓、仕覆は手をつきながら出す。(茶杓の櫂先に仕覆をかけない

STEP
終わりに向けて

・いつも通りに、道具を持って帰る。

・最後は、水指を持ち帰りつつ、座って襖を閉める。

STEP
問答+退室

・茶入の問答では、伝来物を答える。(例:酒井家、松平家伝来の~

 ※ 岩城文琳/白極緞子、吹上文琳/白極緞子 or しじら間道

・お盆の問答では、記三、余三、盛阿彌

・揉み手をして茶入をお盆に乗せる→それを縁内に取り込む→茶杓をお盆の左側に乗せる→櫂先に仕覆を乗せる→左手でお盆の底をしっかり持ち、右手は茶入に添えて、退室。

裏千家 盆点(風炉):まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

このページでは、「盆点」(風炉)のお点前について、私なりのポイントを纏めました。

たまご
私は盆点が好きです。なぜなら、象牙の茶杓の扱いで台天目の復習ができ、茶入の扱いで唐物の復習ができるので、一石二鳥だからです!帛紗のさばき方も、真・行2種類入っているところがいいですね。もし、四ヶ伝の練習が1種類しかできないとすれば、私は盆点を選ぶと思います。その代わり、予習は唐物と台天目の2つ分、必要になりますね!

これからも一緒に、四ヶ伝を頑張っていきましょう!

盆点(風炉)のお勉強、おつかれさまでした。

\ 余力がある人は、他の科目の復習も! /

▼ ▼ ▼

なにが出るかな?

素敵な広告が出ますように
毎回変わるのでお楽しみに!

茶道記事一覧

トップページに戻る

よ・・・よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents
閉じる