四ヶ伝 part.4|【和巾・Wakin】裏千家・炉のお点前ポイント

新記事、書きました!

四ヶ伝(しかでん)」を勉強中の皆さん、こんにちは。

当ブログにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

教本がなく、不安になりがちな「四ヶ伝」の科目について、自分なりのまとめを作っております。

(ご参考)筆者の自己紹介ページ

Contents

裏千家 四ヶ伝:関連記事一覧

ついでに買い物をするでござる♪

懐紙と小茶巾は「唐物」と「台天目」のページにあります。

裏千家 和巾(炉):はじめに準備しておくもの

お点前を始める前に、以下を茶室に準備しておきます。

・塗蓋の水指
・中次+和巾

「中次が木地なので、曲水指ではない」と覚えれば、間違えないよ!(同じ材質の重複を避けるという意味)ちなみに、唐物・台天目は曲水指だったね。
わたし
中次には、人数分のお茶を準備!
掬い出しではなく、バサッと全部出すよ。

裏千家 和巾(炉):間違えやすいお点前のポイント

「間違えやすいポイント」を前もって頭の中に入れておくと、本番での間違いが圧倒的に減ります!

これは和巾に限った話ではなく、すべてのお点前に通じるコツです。

いろいろなお点前を習うようになると、記憶がごちゃ混ぜになるものです。

間違える箇所を、明確にしよう!

「私の場合は」という前提になりますが、「間違えやすいポイント」を以下のように整理しました。

・水指は塗蓋。
・お茶は人数分入れておく。
・拝見に出す際、茶杓と仕服は重ねない。

わたし
意外にも、たったこれだけ!

裏千家 和巾(炉):お点前の流れ

STEP
事前のセッティング

水指と中次with和巾の距離は2cmくらい。

STEP
お菓子を運ぶ

四ヶ伝なので3種。(問答では「数々のお菓子を・・・」と言う)

STEP
茶碗を持って入る

・両手をつく。

・襖は「下方」を触って開ける。

・茶碗は、勝手付きに仮置き。風炉先より奥。

・建水を取りに水屋へ戻る。

唐物のときは、唐物茶入を清め終わってから、建水を取りに行ったね。
STEP
建水を持って入る
STEP
中次を清める

・中次with和巾を、膝前に移動。中次は常に両手扱い

・仕服は、水指の左側。底面は、上を向いていても下を向いていても構わない。

・中次は、四方捌きをして二引き+胴拭き。通常通り、反時計回り。

・中次に袱紗を当てるように添えながら、和巾の上に置く。

わたし
袱紗捌きの復習をしておきましょう!動画は1分です。
四方捌き
真の袱紗捌き

・袱紗を腰につける。

・中次with和巾を、水指前に移動させる。(位置を戻す)

STEP
茶碗を膝前に置く

・勝手付きに置いていた茶碗を取り、膝前へ。

和巾が立派すぎるので、先に中次を清めるんだよ。

・清めた茶杓は、「和巾の上・中次の左」に置く。一旦左手で扱い、右手で茶杓の側面を持って、置く。

・茶筅は建水の肩。なお、炉の場合は「中終い」をするため、茶筅は2時の位置に置き、柄杓は1時の位置に伏せて置くイメージを持っておくとGOOD。

☝ 和巾がお客様から見えるように、流し置きをしない。

・水指の蓋を二引き→茶碗を点前に引く→茶巾を水指蓋の上へ。(拭いて、引いて、出す)

☝ 塗蓋を拭くのは、濃茶の特徴。炉・風炉共通。

STEP
お茶を点てる

・いつも通り、中蓋&茶筅通し。

両手扱いで中次を取る。蓋を取ったら、左腕の下を潜り、和巾の上に置きつつ、その手で茶杓を取る。

☝ 蓋と茶杓を同時に握ることはない。
☝ 蓋裏は見ない。

・3杓掬い出し、残りはバサッと掻き出す。

☝ 唐物と台天目は、掬い出しのみ。

つの字に口を清める。

・茶杓は、再び和巾の上に置く。

わたし
大事な和巾なのに、抹茶付きの茶杓を置くなんて、信じられん!

~ あとは、いつも通り ~

STEP
拝見に出す

・炉縁から3目ズレた位置が膝前になるように座る。

・中次は、再度四方捌きをし、蓋を二引き、胴拭き。袱紗は、和巾の右に置く。このとき、和巾と袱紗の下の位置が揃うようにする。

・蓋裏を確認し、口を清める。

・いつもの和巾の扱い方をしつつ、右手を奥まで進ませて、右上・左下を掴んで2回回し、鐶付きへ

・袱紗を腰につける。

・茶杓と仕覆は、手をついて正面から出す。重ねない!

☝ 重ねるのは、唐物。

STEP
終わりに向けて
超持ちにくいスタイルで、持って帰るよ。

・中次with和巾を膝前に取り込んだら、床に置かずに、左手をしっかり底に入れて、左親指で中次の頭を押さえる。

・茶杓を右手で握り込みつつ(櫂先は下)、仕覆も右手で深く握る。

右薬指で中次の頭を押さえたら、これまで押さえていた左親指を外し、この状態で退室。

・出口では、再び左親指で中次を押さえたら、右手をクルッと返しながら、①【自分より遠く】仕覆を置く(つかりが自分の方に向く)②【中央】茶杓を置く、③【自分の近く】中次with和巾を置く、④礼。

STEP
【お客様編】

・拝見時、中次with和巾は縁外。茶杓と仕覆は、縁内に取り込む。

自分の古帛紗を和巾の右側に広げ、中次を拝見する。

・中次のあとは、和巾→茶杓→仕覆の順に拝見。

・拝見を返すときは、右上・左下を掴んで2回回し、鐶付きへ

6分30秒のところからご覧下さい
STEP
【問答編】

☝ 拝見を乞う順番は、①中次、②和巾、③お茶杓、④お仕覆の拝見を。

・中次(例)淡々斎好みの桑中次

・茶杓(例)玄々斎の作+銘

・裂地(例)宮家から頂戴した祥雲緞子

裏千家 和巾(炉):まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本ページでは、「和巾」(炉)のお点前について、私なりのポイントを纏めました。

改めて、攻略のカギを挙げます。

・和巾の扱い方
・茶杓と茶筅を置く位置
・中次からのお茶の出し方
・中次の拝見の出し方
・道具の引き方

これからも一緒に四ヶ伝を頑張っていきましょう。

「和巾」のお勉強、お疲れさまでした!!

余力がある方は、復習でパワーアップ!

トップページへ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents
閉じる