四ヶ伝 part.4|【和巾・Wakin】裏千家・炉のお点前ポイント

四ヶ伝(しかでん)を勉強中の皆さん、お疲れ様です!

当ブログにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

教本がなく、不安になりがちな「四ヶ伝」の科目について、まとめを作っております。

4種目ある「四ヶ伝」の中で、本ページがpart.4の位置付けとなります。

part.1 唐物・炉
part.2 台天目・炉
part.3 盆点・炉

「唐物」と「台天目」を習い終わったあとで「和巾」にチャレンジされる方が多いと思いますが、、、

わたし
ご安心ください、和巾は簡単です!
台天目は激ムズだったよね。

このページでは「和巾」について、私なりのポイントを纏めていきます。

以下のような方々のお役に立てるページを目指しております。

・和巾のポイント、なんだっけ・・・? ((( ゚д゚)))
・来週、和巾のお稽古だなぁ。ポイントを復習しておこう!
・和巾って、どんなお点前だろう? 未来のために、少し読んでおこう!

Contents

自己紹介

都内の金融業界に勤めている、30代の女性です。

大学時代は、休暇のたびにあちこち海外を飛び回っておりました。

もう1度行きたい国は?と聞かれれば、「インド」です。

社会人になってからも「マングローブ植林」をしにタイやフィリピンに行ったり、

「象使い養成講座の旅」に申し込み、ラオスに行ったり・・・。

わたし
そんな私だからこそ・・・!

「これまでとは違う自分の扉を開けたい!」

そう思って、社会人2年目の秋に、茶道を始めてみることにしました。

元々、一度始めたら辞めない性分なので、幸い細く長く続いております。

自己紹介のページを作成しておりますので、こちらにもお立ち寄りいただけますと嬉しいです。

需要は無いと思いますが、英語版の自己紹介も作りました。

和巾(炉):はじめに準備しておくもの

お点前を始める前に、以下を茶室に準備しておきます。

・塗蓋の水指
・中次+和巾

「中次が木地なので、曲水指ではない」と覚えれば、間違えないよ!(同じ材質の重複を避けるという意味)ちなみに、唐物・台天目は曲水指だったね。
わたし
中次には、人数分のお茶を準備!
掬い出しではなく、バサッと全部出すよ。

和巾(炉):間違えやすいお点前のポイント

和巾のお点前に入る前に、「間違えやすいポイント」を前もって頭の中に入れておくと、本番での間違いが圧倒的に減ります!

これは和巾に限った話ではなく、すべてのお点前に通じるコツです。

いろいろなお点前を習うようになると、記憶がごちゃ混ぜになるものです。

shiro no panda
間違える箇所を、明確にしよう!

「私の場合は」という前提になりますが「間違えやすいポイント」を以下のように整理しました。

・水指は塗蓋。
・お茶は人数分入れておく。
・拝見に出す際、茶杓と仕服は重ねない。

わたし
意外にも、たったこれだけ!

和巾(炉):お点前の流れ

STEP
事前のセッティング

水指と中次with和巾の距離は2cmくらい。

STEP
お菓子を運ぶ

四ヶ伝なので3種。(問答では「数々のお菓子を・・・」と言う)

STEP
茶碗を持って入る

・両手をつく。

・襖は「下方」を触って開ける。

・茶碗は、勝手付きに仮置き。風炉先より奥。

・建水を取りに水屋へ戻る。

唐物のときは、唐物茶入を清め終わってから、建水を取りに行ったね。
STEP
建水を持って入る
STEP
中次を清める

・中次with和巾を、膝前に移動。中次は常に両手扱い

・仕服は、水指の左側。底面は、上を向いていても下を向いていても構わない。

・中次は、四方捌きをして二引き+胴拭き。通常通り、反時計回り。

・中次に袱紗を当てるように添えながら、和巾の上に置く。

わたし
袱紗捌きの復習をしておきましょう!動画は1分です。
四方捌き
真の袱紗捌き

・袱紗を腰につける。

・中次with和巾を、水指前に移動させる。(位置を戻す)

STEP
茶碗を膝前に置く

・勝手付きに置いていた茶碗を取り、膝前へ。

和巾が立派すぎるので、先に中次を清めるんだよ。

・清めた茶杓は、「和巾の上・中次の左」に置く。一旦左手で扱い、右手で茶杓の側面を持って、置く。

・茶筅は建水の肩。なお、炉の場合は「中終い」をするため、茶筅は2時の位置に置き、柄杓は1時の位置に伏せて置くイメージを持っておくとGOOD。

☝ 和巾がお客様から見えるように、流し置きをしない。

・水指の蓋を二引き→茶碗を点前に引く→茶巾を水指蓋の上へ。(拭いて、引いて、出す)

☝ 塗蓋を拭くのは、濃茶の特徴。炉・風炉共通。

STEP
お茶を点てる

・いつも通り、中蓋&茶筅通し。

両手扱いで中次を取る。蓋を取ったら、左腕の下を潜り、和巾の上に置きつつ、その手で茶杓を取る。

☝ 蓋と茶杓を同時に握ることはない。
☝ 蓋裏は見ない。

・3杓掬い出し、残りはバサッと掻き出す。

☝ 唐物と台天目は、掬い出しのみ。

つの字に口を清める。

・茶杓は、再び和巾の上に置く。

わたし
大事な和巾なのに、抹茶付きの茶杓を置くなんて、信じられん!

~ あとは、いつも通り ~

STEP
拝見に出す

・炉縁から3目ズレた位置が膝前になるように座る。

・中次は、再度四方捌きをし、蓋を二引き、胴拭き。袱紗は、和巾の右に置く。このとき、和巾と袱紗の下の位置が揃うようにする。

・蓋裏を確認し、口を清める。

・いつもの和巾の扱い方をしつつ、右手を奥まで進ませて、右上・左下を掴んで2回回し、鐶付きへ

・袱紗を腰につける。

・茶杓と仕覆は、手をついて正面から出す。重ねない!

☝ 重ねるのは、唐物。

STEP
終わりに向けて
超持ちにくいスタイルで、持って帰るよ。

・中次with和巾を膝前に取り込んだら、床に置かずに、左手をしっかり底に入れて、左親指で中次の頭を押さえる。

・茶杓を右手で握り込みつつ(櫂先は下)、仕覆も右手で深く握る。

右薬指で中次の頭を押さえたら、これまで押さえていた左親指を外し、この状態で退室。

・出口では、再び左親指で中次を押さえたら、右手をクルッと返しながら、①【自分より遠く】仕覆を置く(つかりが自分の方に向く)②【中央】茶杓を置く、③【自分の近く】中次with和巾を置く、④礼。

STEP
【お客様編】

・拝見時、中次with和巾は縁外。茶杓と仕覆は、縁内に取り込む。

自分の古帛紗を和巾の右側に広げ、中次を拝見する。

・中次のあとは、和巾→茶杓→仕覆の順に拝見。

・拝見を返すときは、右上・左下を掴んで2回回し、鐶付きへ

6分30秒のところからご覧下さい
STEP
【問答編】

☝ 拝見を乞う順番は、①中次、②和巾、③お茶杓、④お仕覆の拝見を。

・中次(例)淡々斎好みの桑中次

・茶杓(例)玄々斎の作+銘

・裂地(例)宮家から頂戴した祥雲緞子

和巾(炉):まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本ページでは、「和巾」(炉)のお点前について、私なりのポイントを纏めました。

改めて、攻略のカギを挙げます。

・和巾の扱い方
・茶杓と茶筅を置く位置
・中次からのお茶の出し方
・中次の拝見の出し方
・道具の引き方

これからも一緒に四ヶ伝を頑張っていきましょう。

「和巾」のお勉強、お疲れさまでした!!

余力がある方は、復習でパワーアップ!

part.1 唐物・炉
part.2 台天目・炉
part.3 盆点・炉

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents
閉じる