【茶道の動画】茶碗荘の炉点前:間違えやすいポイント

こんにちは!仕事と両立・茶道ブロガーのたまごです( @JapanesePocket )。

皆さんは、次のようなお悩みをお持ちではありませんか?

解決したい!

  • おすすめのお点前動画を知りたい!
  • 上手なお点前を見て、自分も上達したい!
  • 「何がどう上手なのか」を解説して欲しい!

お点前の勉強にあたっては、ぶっちゃけ「本を読む」よりも「動画を見る」方が頭に入ってきますよね。

本にも写真がありますが、ぶつ切りなので「全体の流れ」を把握するには少し無理がありますし、「この写真と、この写真の間の所作を知りたいんだよー!」なんて思ったこと、ありませんか?

たまご
茶道あるあるですね~。

本は本で購入するにせよ、「おすすめの動画はないですか?」と動画を求める声は、ネット内を見ていても依然として多い印象を受けます。

現在当ブログでは、私が繰り返し視聴している「茶人・マリウスさん」の動画をベースに、間違えやすいポイントについて解説を添えた記事を展開しております。

以下の記事にも、併せてお寄りいただけますと嬉しいです!

\ 中置の検索数が上昇中 /

  • この記事を書いた人

当ブログは「茶道×ブログ×成長」をテーマに発信しています!

Contents

マリウスさんの動画

「うわ!この人のお点前上手!」と、胸を打たれたマリウスさんのお点前。

YouTubeにたくさんの動画をアップされていらっしゃいます。

たまご
私はチャンネル登録しています!

今回のテーマ「茶碗荘・炉」の動画は以下のボタンから視聴可能です。

どうぞご覧ください!

▼ YouTubeにつながります ▼

動画の右上のワイプが優秀。横から(お客さん側から)の動画だけでなく、自分がお点前をしている目線のワイプもあるので、非常に勉強になります。茶人ならではの編集アイデア!

茶杓の銘一覧(炉)は、以下のリンクにまとめております。

ご活用いただけますと幸いです。

裏千家・茶碗荘・炉 ポイント①(お茶を点てるまで)

  • 茶碗は常に両手扱い
  • お湯を入れる→茶筅を茶碗に入れる→茶碗を両手で膝前に移動させる→茶筅通し(動画:5:00-6:00)
  • お茶は、3杓すくって回し出し
  • お茶を点てる→茶碗を持って(両手扱い)客付きに回る→茶碗を膝前に置く→膝前で茶碗の向きを変える→古帛紗を広げてその上に茶碗を出す→膝退して控える(動画:10:45-11:30)
たまご
炉なので、茶筅通しの前に「中蓋」を忘れないように!
犬張子
炉の季節になると、忘れがちだよね。しっかり予習してイメトレしておこう!
たまご
茶入荘は茶入に対して、茶碗荘は茶碗に対して「古帛紗」を広げてあげる!と覚えておこう。

▼ 茶入荘のお点前が不安になってきた方はこちらも是非!(風炉ですが)

▼ YouTubeにつながります ▼

裏千家・茶碗荘・炉 ポイント② (拝見の声がかかるまで)

  • 膝行→中仕舞い(動画:11:35-12:15)→問答→中仕舞いを解く
  • (茶碗が返ってきたら)膝前に取り込む→古帛紗を懐中→茶碗を持って居前に戻り、総礼→茶碗の由緒!
たまご
中仕舞いも、炉特有の所作なので、つまずきがちですよね~。
犬張子
つまずくポイントって、いつも同じじゃない?だったら、その部分だけを繰り返し練習して、頭と体に叩き込むしかないさ!
たまご
それから、中仕舞いを解くときに、はじめて茶巾の位置を変える点や、水指の蓋を開ける点も「炉」の特徴ですね。

▼ YouTubeにつながります ▼

裏千家・茶碗荘・炉 ポイント③(お点前終了まで)

  • 拝見のために清めるときは、四方捌きはしない
  • 水指を引いたときに、襖をしめる
犬張子
最後は難しい箇所はないですね~!
たまご
漠然と、茶碗荘が一番難しいと思ってたけど、茶入荘の方が注意点が多いかも!

▼ YouTubeにつながります ▼

裏千家・茶碗荘・炉 【番外編】

犬張子
茶碗荘の最大の見せ場って、茶碗の由緒を語る場面だよね。でも、お客さんがそれを問いかけるタイミングを理解していなかったら、一巻の終わりだよね。
たまご
まさに「亭主とお客さんが一体となって場を作っている」感じがするよね。
犬張子
亭主じゃないからと言って、ボーっとお点前を眺めているだけじゃダメですよ、お客さん!
たまご
お客さんの気が抜けないお点前 part.1に認定~!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

茶碗荘(炉)のお点前の流れは、マスターできましたか ^ ^

たまご
荘物って、とっつきにくいですよね。

そのような方って意外と多いのでは?と思い、荘物シリーズを取り上げております。

茶道のお稽古の予習・復習については、以下の記事で持論を発信中!

併せて、お読みいただけますと嬉しいです。

荘物の風炉は上巻、炉は中巻で取り上げられています。

私は以下のテキストを使っています。

茶道記事一覧

トップページに戻る

よ・・・よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents
閉じる