【茶道の動画】茶入荘の風炉点前:間違えやすいポイント

こんにちは!仕事と両立・茶道ブロガーのたまごです( @JapanesePocket )。

皆さんは、次のようなお悩みをお持ちではありませんか?

解決したい!

  • おすすめのお点前動画を知りたい!
  • 上手なお点前を見て、自分も上達したい!
  • 「何がどう上手なのか」を解説して欲しい!

お点前の勉強にあたっては、ぶっちゃけ「本を読む」よりも「動画を見る」方が頭に入ってきますよね。

本にも写真がありますが、ぶつ切りなので「全体の流れ」を把握するには少し無理がありますし、「この写真と、この写真の間の所作を知りたいんだよー!」なんて思ったこと、ありませんか?

たまご
茶道あるあるですね~。

本は本で購入するにせよ、「おすすめの動画はないですか?」と動画を求める声は、ネット内を見ていても依然として多い印象を受けます。

そこで今回は、私が繰り返し視聴している「茶人・マリウスさん」の動画を紹介します。

加えて、間違えやすいポイントの解説も添えていきます。

犬張子
シリーズ化しています!

\ 中置の検索数が上昇中 /

  • この記事を書いた人

当ブログは「茶道×ブログ×成長」をテーマに発信しています!

Contents

マリウスさんの動画

「うわ!この人のお点前上手!」と、胸を打たれたマリウスさんのお点前。

YouTubeにたくさんの動画をアップされていらっしゃいます。

たまご
私はチャンネル登録しています!

今回のテーマ「茶入荘・風炉」の動画は以下のボタンから視聴可能です。

どうぞご覧ください!

▼ YouTubeにつながります ▼

動画の右上のワイプが優秀。横から(お客さん側から)の動画だけでなく、自分がお点前をしている目線のワイプもあるので、非常に勉強になります。茶人ならではの編集アイデア!

茶杓の銘一覧(風炉)は、以下のリンクにまとめております。

ご活用いただけますと幸いです。

裏千家・茶入荘・風炉 ポイント①(お茶を点てるまで)

  • 茶碗は両手扱い
  • 茶入の仕覆を脱がせたら、「古帛紗」を広げる!
  • お湯を入れる→茶筅を茶碗に入れる→茶碗を両手で膝前に移動させる→茶筅通し(動画:5:00-5:50)
  • お茶は、3杓すくって回し出し
  • お茶を入れる前に、水指の蓋をあける

▼ YouTubeにつながります ▼

たまご
仕覆を脱がせたあと、古帛紗を広げるの、絶対忘れちゃう~!
犬張子
ここが1つ目の関門だよね!引っかからないように気をつけよう!大事な茶入を清めたあと、畳の上にそのまま置くんかい?って話だよね。古帛紗を敷いてあげようね。
たまご
それとさ、私、いつも茶筅通しをする前の流れで混乱しちゃうんだよね。これは悪い癖だね。直したいけどなかなか治らない。持病になってるよ、茶筅通し病!
犬張子
訓練あるのみだよ!

裏千家・茶入荘・風炉 ポイント② (拝見の声がかかるまで)

  • 問答が終わったら、水一杓
  • 帛紗ポンポン→古帛紗&茶入を水指前の右側に移動茶碗を水指前の左側に置き合わせる

▼ YouTubeにつながります ▼

裏千家・茶入荘・風炉 ポイント③(お点前終了まで)

  • 茶碗を勝手付きに置くときは、右横・左横・右手前
  • 古帛紗&茶入を両手で持って、客付きへ
  • 拝見のために清めるときは、四方捌きはしない
  • 畳の上で、古帛紗を回してから、拝見に出す(動画:18:40-18:50)
  • 水指を引いたときに、襖をしめる
  • 一旦、茶入を膝前に引く→片手で古帛紗を懐中→水屋に帰る(動画:22:40-22:50)

▼ YouTubeにつながります ▼

たまご
マリウスさんの帛紗捌きが、好きなのよ。見とれちゃうよね。
犬張子
こんな風に、ふんわり感が出せたらいいよね~。茶入の清め方も安定していて、素敵だよね。大抵、茶入の回転がぎこちなくなったり、帛紗が手の中で崩れてきたりして、(自他ともに)見ていて「あ~あ」と思うことが多いんだけど、マリウスさんの手つきは本当に滑らかだよね!

裏千家・茶入荘・風炉 【番外編】

番街編では、上記以外のお気に入りシーンを紹介します!

たまご
出だしの、柄杓を蓋置に置く「カチャッ!」っていう音が、キレイ!大きすぎちゃったり、小さすぎちゃったり、程よい音量を出すことって、案外難しいんだよね~。
犬張子
多分、柄杓を落とす「高さ」と蓋置の「どこに当てるか」が関係してる気がするよ。ここでイイ音を出せると、テンションが上がるよね。
たまご
あとは、襖の開け閉めの「手をかける位置」はもう少し低くてもよいかな、と思いました。(私の感覚では)

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

茶入荘(風炉)のお点前の流れは、マスターできましたか ^ ^

実は、私は「荘物」と聞くだけで、「げっ・・・」と思ってしまうんです。

反射的な、苦手意識です ^ ^ ;

そのような方って意外と多いのでは?と思い、今回は荘物をテーマに取り上げてみました。

茶道のお稽古の予習・復習については、以下の記事で持論を発信中!

併せて、お読みいただけますと嬉しいです。

荘物の風炉は上巻、炉は中巻で取り上げられています。

私は以下のテキストを使っています。

茶道記事一覧

トップページに戻る

よ・・・よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents
閉じる