当ブログの使用テーマ「SWELL」のHPをチェック >>

【茶通箱】裏千家・風炉点前のポイント(さつうばこ)

こんにちは!仕事と両立・茶道ブロガーのたまごです( @JapanesePocket )

今回のテーマは「茶通箱」(さつうばこ)。

私は、箱が登場するお点前に苦手意識があるのですが、皆さまはいかがでしょうか?

ゆっくり覚えて、少しずつ自分のものにしていきましょうね。

茶通箱の特徴は「2種類の濃茶を提供する」という点です!

帛紗をポン!と鳴らす所作(ちり打ち)がある点も特徴です。

同じく茶箱を使うお点前は以下の記事にまとめています。

よろしければ、こちらもご覧くださいね。

茶箱シリーズ

また、小習いを中心としたお点前も以下にまとめています。

犬張子

お役に立てば幸いです

  • この記事を書いた人
Contents

風炉:茶杓の銘一覧

お稽古で必要になる「茶杓の銘」。

以下の記事で準備しておきましょう!

各月10個の「銘」を掲載していますので、お好きな言葉を見つけてくださいね。

> 茶杓の銘一覧(5~10月)

> 茶杓の銘一覧(11~4月)

茶通箱・風炉 事前準備

はじめに準備しておくもの。

  • 茶碗一式
  • 茶通箱(①奥:大津袋に入った棗、②手前:茶入)
  • 建水 with 柄杓
  • 薬罐の水次 with 茶巾
犬張子

棚を使った茶通箱のお点前です

はじめから棚に荘っておくもの。

  • 水指(塗でもOK)
  • 棗ではない薄器
STEP
茶通箱を持って入る

・棚の前に置く(左右の指をピンとまっすぐに伸ばして、箱の側面に当てて持つ)

・蓋をあけて左側に置き、片手で茶入を取り出し右側に置く

・大津袋に入った棗を逆手にとって、180度回転させながら(90度×2回転)箱の中央に配置する

・蓋をしめて、天板にのせる

茶入を棚の前におく

STEP
お菓子を出す
犬張子

ここまでの準備がちょっと厄介ですよね

茶通箱・風炉 1茶目を点てるまで

  • 茶碗を持って入り、勝手付に置く
  • 茶入(右)と茶碗(左)を棚の前で置き合わせる
  • 建水 with 茶杓を持って入る
  • ここから先は、一般的な濃茶点前

仕覆は、天板の左手前に置く(火に打ち返す)

で、いつも通りお茶を出し、茶銘・詰め・お菓子の問答。

犬張子

難しいのは、このあと!

茶通箱・風炉 1碗目を点てたあと

  • 詰めが飲み切ったら、居前に戻り、茶巾を畳みかえる(絞る所作あり)
  • 水一杓はせずに!)帛紗を腰につける
  • ここで正客が「どうか、今一種のお茶を」
  • 棚前に移動し、左右で茶通箱を持って、天板からおろす
  • 反時計回りに90度回転させ(横にする)蓋をあけて手前に立て掛ける
  • 棗を取り出し、茶通箱の奥におく
  • 茶通箱を時計回りに90度回転させ、棚前に移動し、天板に戻す
  • 居前に戻り、棗を膝前に置き直す
犬張子

これでようやくお茶を点てる準備ができた!

茶通箱・風炉 2碗目を点てる

基本的にはいつも通りお茶を点てればOK!

イレギュラーな点は、以下。

犬張子

イレギュラーが多い・・・涙

  • 大津袋は、仕覆の上におく
  • 棗を清める際に、ちり打ち(ポン!)をする(=茶碗返却)
  • 清めた棗は建水の肩におく
  • 茶碗が返ってきたら、総礼
  • お湯を入れてすぐ捨てる
  • 再度お湯を入れて、反時計回りに小濯ぎ2回
  • 茶巾で清める
  • 3杓すくってから、かき出す(棗を引く)
  • 茶杓を茶碗にあずけ、「つ」の字に清める

お茶を出して、お服加減、茶銘・詰めの問答。

  • 詰めの吸い切りで、水一杓
  • ここで「お茶入れ、お仕覆の拝見を」と正客が乞う
  • 茶杓を(抹茶が付いてるのが気になるけど)水指の上におく
  • 茶入を膝前に持ってくる
  • 棗を左手で取り、茶入のあった場所におき、上に茶杓ものせる

これで、茶入と棗の配置転換ができたので、あとは茶入を拝見に出すだけ!

犬張子

茶入と仕覆を引くと同時に、茶碗も返却するよ。先に、茶入と仕覆を膝前に引いてから、茶碗を返却します!

いつも通りに片づけを行うが、水指の蓋をしめたところで、正客から「お棗、茶杓、大津袋、お箱とともに拝見を」と言われる。

本当に、厄介なところが多くてメゲちゃいますね ( ノД`)シクシク…

恐るべし、茶通箱!!!

¥2,724 (2022/06/05 18:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

茶通箱・風炉 お客さんのポイント

「今一種のお茶を」って言うのはいつ?

亭主が、茶巾を畳みかえて、帛紗を腰につけたとき

犬張子

茶巾・帛紗で・今一種!

茶碗(1碗目)を返すタイミングは?

亭主が、ちり打ち(ポン!)をしたとき

犬張子

いい音を鳴らせるように、亭主は練習すべし!

拝見の声かけ①

2碗目のお茶を詰が吸い切って、亭主が釜に水一杓をさしたら・・・

お茶入れ、お仕覆の拝見を

拝見の声かけ②

亭主が水指に蓋をしたら・・・(最後の場面)

お棗、茶杓、大津袋、お箱とともに拝見を

拝見

箱は、常に縁外。

「蓋の裏」と「箱の裏」が相手に見えないように向きを変えて拝見する。

問答

すでに水屋へ下げてしまった茶入・仕覆についても問答することを忘れずに!

先のお茶入れは?(お仕覆は?)

例:瀬戸の肩衝でございます(裂地を回答)

お棗は?

新塗り小棗でございます。

お茶杓は?

坐忘斎お家元でございます

大津袋は?

紫ちりめんでございます

お箱は?

利斎でございます

素敵な広告が出ますように
毎回変わるのでお楽しみに!

茶道記事一覧
ブログ TOP に戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Click & Share!
Contents